刃物斬りつけに対する訓練。

水平に首右側を切りつける攻撃への防御と制圧までを、約束組手で練習します。

切り付け(スラッシュ)をブロックされたら、すぐ腕を引いて連続攻撃してくる相手へのナイフディスアームは、対ナイフスパーリングで訓練します。

しかし、約束組手でしっかりナイフディフェンスの基礎を身に付けておかないと、対ナイフスパーリングは出来ません。

なのでここでは、連続攻撃ではなく一発を確実にブロックする訓練をしています。

腕をブロックしたら即座に手首を極めて、一気に体制を崩して倒し、巻き込む様にして相手をうつ伏せに。

そして腕と手首の間接を極めて、相手を制圧。

この時、いくつかの重要ポイントを押さえれば敵は容易に動くことができないので、こちらはナイフを落としたり奪い取ることが出来ます。

逆に形だけ真似て重要ポイントをおろそかにすると、簡単に逃げられて反撃されます。

カパプ防衛館道場生は、それらの重要ポイントを学び現実的な護身術を身に付けて行きます。

当道場へ入門をご希望の方は無料体験に参加できます。

こちらのトップページかこちらのページからお申込み下さい。

 

無料体験受付中!

東京の護身術教室 カパプ防衛館

事務局 東京都杉並区阿佐谷南1-8-2

TEL 03‐5913‐7578(年中無休09:00~20:00)

練習会場最寄り駅

阿佐ヶ谷駅(中央線・総武線・東西線)

南阿佐ヶ谷駅・新高円寺駅(東京メトロ丸ノ内線)