下記は動画の解説です。

ローリングソバット(回転後ろ蹴り)のミットトレーニング。

身体を捻り、全体重を乗せてまっすぐ蹴ることで相手に絶大な衝撃を与えます。

格闘技武道未経験者は習得に時間がかかりますが、マスターすれば強力な武器になる蹴りです。

動画でも、女子がパワフルなローリングソバットを見せています。

立関節技を解説するカパプ防衛館道場岩土代表。

指の逆関節を取って自由に相手をコントロールします。

下手に逆らうと指が折れるため、相手は従わざるおえません。

最終的に制圧や拘束に繋ぐこともでき、倒してから逃げることも可能です。

対ナイフ刺突基本ドリル。

全力のナイフ攻撃を的確によける女性会員。

絶妙のタイミングで刺し手の手を弾いて、ナイフを飛ばしています。

型稽古・約束組手・ライトスパーリングにとどまらず、フルスパーリングを行うのがカパプ防衛館道場の特長。

上の写真は、間一髪で頸動脈への斬撃をよける女性道場生(写真右)。

ナイフディスアームフルスパーリングでは、刺し手は自由に刺し、斬ってきます。

受け手はどこを狙ってくるかわからないナイフ攻撃を、確実によけて制圧しなければなりません。

ラバーナイフとはいえ緊張感のあるトレーニングです。

写真は、刺し手のシューティンググラスに受け手の指が当たった瞬間。

このあと、差し手はシュティンググラスをかけ直しながら攻撃を続けますが、スピードが落ちたため腕をキャッチされ制圧されました。

格闘技武術未経験で入門二年の男性会員が、めった刺し滅多切りナイフ攻撃を捌きます。

カパプ防衛館道場に入門をご検討の方は無料体験が受けられます。

ご希望の方は下記フォームからご予約の上お越しください。

無料体験受付中!

東京の護身術教室 カパプ防衛館

事務局 東京都杉並区阿佐谷南1-8-2

TEL 03‐5913‐7578(年中無休09:00~20:00)