岩土健児代表

護身術カパプ防衛館道場代表

カパプディフェンド(対テロ防衛技術)創始者

カパプレベル2インストラクター (日本人初)

カパプコンバティヴズメンバー

調査・ボディーガード会社経営

武道格闘技略歴

1979年から空手(糸東流)を学び、その後芦原空手・総合格闘技などを経験する。

1987年から3年間、初代シューティング(現修斗)チャンピオンだった中村頼永先生(現ジークンドーシニアインストラクター・USA修斗代表)から、立技・打撃系およびフィリピン武術等の指導を受ける。

また、同時期にキックボクシングジムでトレーニングを行い、1989年4月1日に『旧全日本キックボクシング連盟認定プロライセンス』を取得。

その後は、フルコンタクト空手国際FSA拳真館などで修行。

昇段審査では10人組手を達成し、羽山威行館長から黒帯(初段)を允可される。

カパプ・近接戦闘術略歴

2006年、ボディガード業務における必要性から、近接戦闘術(CQB・CQC)の研究開始。
 
2007年、イスラエル国際カパプ連盟共同創設者、アヴィ・ナルディア先生と出会いカパプの指導を受ける。

現実的なカパプの技術に感銘を受けて訓練を開始し、ボディガードスキルとして導入。

 2012年、イスラエル・テルアビブ近郊のぺタクティクバで、現役米SWATや米海軍特殊部隊シール元メンバーら世界のプロ9人とともに『カパプレベル1訓練』に参加。

アヴィ・ナルディア先生、国際カパプ連盟宗家ハイム・ペレール先生らの指導を受け、全過程を修了し『カパプレベル1インストラクター資格』を取得。

イスラエル国内でカパプ訓練課程を修了した唯一の日本人。

そしてイスラエル国際カパプ連盟・米国アヴィナルディア・カパプアカデミーから、『カパプレベル2インストラクター』資格認定を受けている唯一の日本人である。

カパプアヴィナルディア先生・岩土代表

2013年7月、アヴィ・ナルディア先生より『カパプ・ジャパンリードインストラクター』に任命され、同年10月『カパプ防衛館・カパプジャパン』を設立。

それまで、ボディーガードのクライアント向けに行っていた護身術プライベートレッスンとセミナーに加え、道場形態の指導を開始し現在に至る。

以上
  

muryoutaiken

東京の護身術教室 カパプ防衛館

事務局 東京都杉並区阿佐谷南1-8-2

TEL 03‐5913‐7578(年中無休09:00~20:00)