東京で護身術を習う!カパプ防衛館道場

東京で護身術を習うならカパプ防衛館!カパプは暴力・ナイフ・凶器から命を守るために開発された、イスラエル特殊部隊の護身術です。

「軍隊格闘術」の記事一覧

バイタルポイント急所を攻めるカパプの技術

バイタルポイント急所を攻めるカパプの技術。カパプは約32箇所のバイタルポイントを定めていますが、護身術の観点から有効なのが首回りの急所。カパプには首の急所を押す、突く、掴む、打つなどして敵を不動にする技が豊富にあります。

国際FSA拳真館とカパプ防衛館

国際FSA拳真館とカパプ防衛館。カパプ防衛館の岩土代表は以前FSA拳真館創成期に入門し、羽山館長の下で空手初段の允可状を頂きました。つまり羽山館長は岩土代表の空手の師匠。カパプ防衛館には様々な格闘技の技が取り入れられています。

対外諜報機関『モサド』とカパプ

対外諜報機関『モサド』とカパプ。モサドの前身は『ユダヤ機関』と『ハガナー情報局』です。カパプはこのハガナーがユダヤ人の護身術として考案したものなので、モサドとカパプは切っても切れない関係だと言えます。

カパプファミリー、デニス・ハーノバー先生の戦闘術

デニス・ハーノバー先生の戦闘術。デニス先生は1975年に東京で極真会館主催の「第1回全世界空手道選手権大会」にイスラエル代表として出場。岩土代表はイスラエルでデニス先生から直接指導を受け、敵の戦闘力を削ぐカパプ技術を教わりました。

手首と肘を極めて制圧

手首と肘を極めて制圧する方法。手を掴まれた状態から形勢逆転して敵を仰向けに倒した状態にします。手首、肘、肩が極まっています。ステップを使って効果的に敵の関節に負荷をかけるので、相手(敵)は逃れることができません。

新聞取材のお知らせ

カパプ防衛館道場・無料体験募集。練習会場、阿佐谷地域区民センターやゆうゆう阿佐ヶ谷館など。対暴力・対ナイフ・対拳銃などカパプディフェンドのテクニックを体験できます。

イスラエル国際カパプ連盟と米国アヴィ・ナルディアアカデミー

イスラエル国際カパプ連盟と米国アヴィ・ナルディアアカデミー。カパプ防衛館岩土代表は日本人初にして唯一の最高位カパプレベル2インストラクター。イスラエル国際カパプ連盟およびアヴィナルディアアカデミーからインストラクター認定を授与。

カパプトレーニングに励む20~61歳の老若男女

カパプトレーニングに励む20~61歳の老若男女。無料体験実施中。イスラエル特殊部隊格闘技カパプとディフェンドが身に付きます。 会社社長、建設会社勤務、工場勤務、運送業、警備員、消防士、エンジニア、学生など職業も様々な方が、 イスラエル特殊部隊格闘技カパプとディフェンドのトレーニングに汗を流しています。