護身術カパプ防衛館道場では受け身を重視しています。

基本練習メニューに入っているので道場生は毎回『受け身』の練習をしています。

カパプ式後ろ受け身の練習をする道場生。足を4の字にすることによって『ロッキングチェア』という動きにつなげます。アヴィ・ナルディア先生が考案した後ろ受け身です。

 

前方回転受け身をする道場生

頭はもちろん肩やひじなども地面に強打することなく、まるで玉が転がるように受け身をします。

受け身は柔道、レスリング、ブラジリアン柔術、総合格闘技、合気道、少林寺拳法など組技・投げ技のある武道格闘技では必須。

空手は流派や道場によって受け身があるところと無いところがあります。

受け身の最大の目的は、投げられたり倒されたりした時の頭部への衝撃を防ぐこと。

頭が地面に叩きつけられるとクモ膜下出血や脳挫傷など生死に関わる深刻なダメージを受ける恐れがあるからです。

また頸椎を損傷して下半身不随になることもあります。

柔道やレスリング、プロレス等で過去何度も悲劇的な事故が起きています。

カパプも様々な投げ技やテイクダウンがあるので受け身は必須項目です。

 カパプ防衛館で護身術を習う道場生は、投げ技を練習するときの事故防止だけでなく、現実に路上で暴漢に襲われて転倒したり、事故で転倒したケースも想定して受け身の練習をしています。

言う迄もなくコンクリートやアスファルトで頭を強打すればダメージがより深刻だからです。

受け身は護身術の重要な要素と言えます。

 

東京の護身術教室 カパプ防衛館

事務局 東京都杉並区阿佐谷南1-8-2

℡03‐5913‐7578(年中無休09:00~20:00)

muryoutaiken