顔の急所と胴体のツーポイントを極めて、効果的に相手をテイクダウンする女子。

力まかせではなく論理的に敵を倒す投げ技です。

カパプにはこのような投げ技が多くあります。

ミドルキックをする道場生。

力まずに全身の力を抜いて体重を乗せて蹴ります。

蹴り込んだ後素早く足を引いて戻すのが、パワフルなキックの秘訣。

カパプは護身術であると同時にイスラエル特殊部隊の格闘技です。

そのため打撃、投げ技、関節技の訓練も行います。

ただし、ミドルキックは護身術としては乱用しない方がよい技です。

それは、足を掴まれて倒される可能性があるからです。

転倒させられたから終わりとは限りませんが、不利であることは間違いありません。

相手が隠し持っていたナイフで刺してくるかもしれませんし、別の仲間に頭を蹴られたり踏まれる恐れもあります。

道場生は、このようなリスクを理解しつつミドルキックの練習を行います。

カパプ防衛館ではイスラエル特殊部隊格闘技カパプの練習生を募集中です。

カパプ無料体験をご希望の方は下記フォームからお申込みください。

女性・男性問わず歓迎します。

muryoutaiken

東京の護身術教室 カパプ防衛館

事務局 東京都杉並区阿佐谷南1-8-2

TEL 03‐5913‐7578(年中無休09:00~20:00)