この『ベルト護身術』はアルゼンチンのカパプインストラクター、ディエゴ氏のベルトテクニックをカパプ防衛館岩土代表がカスタマイズしたものです。

ディエゴ氏は岩土代表がイスラエルでカパプ訓練を受けたときの仲間です。

ベルト護身術は刃物やハンマーなど凶器を持つ相手に有効です。

時間を要しますが技を習得して反復練習を続ければ、比較的低リスクでナイフを持った相手に対処が可能。

道場生はベルトを落としたり相手に奪われないための握り方や、最大限威力を出すための持ち方と打ち方を学びます。

小回りを利かせて素早く振り回し、威力を発揮するためにベルトを二つに折って握るのが特長です。

斬られたり刺されたりしないための距離の取り方とポジショニングや、相手の顔や手など狙う部位も学びます。

言うまでもなく、正当な理由がなく持ち歩くと軽犯罪法に抵触する木刀や特殊警棒とちがい、ファッションアイテムのベルトは誰でも着用して外出できます。

そのベルトを武器化できるように訓練しておけば、いざという時に生存率を高めることができます。

カパプには創成期以来農工具や日用品を武器化したテクニックが数多くありますがベルト護身術もその一つです。

護身術カパプ防衛館へ入門をご希望の方は無料体験が可能です。

下記フォームからご予約の上お越しください。

muryoutaiken

東京の護身術教室 カパプ防衛館

事務局 東京都杉並区阿佐谷南1-8-2

TEL 03‐5913‐7578(年中無休09:00~20:00)