こちらはトラッピングという技術をアレンジしたものです。

トラッピングはブルース・リーが修行した詠春拳や、のちにリー自身が創始したジークンドーの技として有名。

カパプはこのトラッピングを取り入れています。

カパプ防衛館岩土代表は、1989~1990年に中村頼永先生(現ジークンドーシニアインストラクター)から。

そして、カパプトレーニングを始めてからは、アヴィ・ナルディア先生からトッピングを習っていました。

トラッピングは相手の攻撃をよけると同時に攻撃を加える技です

防御と攻撃を弾くように素早く打ちこむのが特徴。

力むとスピードが落ちて威力も減ります。

ブルース・リーの言葉を借りれば、「鎖の先に付いた鉄球のように」攻撃します。

トラッピングは、ルールのある試合では使いにくいと言われますが、少なくとも護身術としては有効です。

相手の攻撃を捌きながら一撃を加え動きを止めたあとは、投げ技や関節技あるいは逃げることも可能です。