カパプ防衛館の対ナイフ護身術トレーニング動画

素手、徒手空拳の対ナイフ護身術訓練を紹介しています。

①相手のランダムな刃物攻撃を、敢えて制圧をせずによけ続ける訓練

不利な条件で訓練することで、対ナイフの動体視力や身体能力を高めます。

刺し手はフルスピードで、どこを攻撃してくるかわかりません。

約束無しなので、受け手は刺されたり斬られたりします。

②対ナイフスパーリング

フルスピード、フルパワーでメッ刺し、滅多切りしてくる相手の攻撃をよけてできるだけ早く制圧します。

型や演武、約束組手とはちがって、現実の敵はよけたあと動きを止めてくれません。

よけても、すぐに腕を引いて何度でも攻撃を続けます。

実際に刃物で襲われて、素手で対応しなければならないシチエーションで生存率を上げるためには、スパーリングが欠かせないとカパプ防衛館は考えます。

③ナイフファイティングドリル

対ナイフ護身術トレーニングは、刺し手の攻撃力が高い方が受け手のディフェンスが上達します。

カパプ防衛館では、その攻撃力をつけるためナイフファイティングの練習を行います。

上の動画では、女性によるナイフファイティングドリルを紹介しています。

カパプ防衛館道場に入会をご希望の方は、『無料体験』にご参加ください。

練習は毎週土曜日夜に行っています。

下記バナーから無料体験ページに入りフォームからご予約下さい。

無料体験受付中!

東京の護身術教室 カパプ防衛館

事務局 東京都杉並区阿佐谷南1-8-2

TEL 03‐5913‐7578(年中無休09:00~20:00)