カパプディフェンドオリジナルの小手返しコンビネーション

一般的に、小手返しは演武や約束組手では極まるものの、護身術での実用は難しいと言われる技です。

そのためか、少林寺拳法でも目打ちをしてから小手返しに繋ぐ技があります。

カパプディフェンドでも、原則いきなり小手返しを狙うことはありません(例外有り)。

たとえば、フィンガージャブや首バイタルポイント(急所)の攻撃で、数秒間相手を無力化してから小手返しを極めます。

上の動画は、喉のバイタルポイントを指で突いて敵の動きを止めた瞬間、小手返しで投げて制圧に繋ぐコンビネーション。

カパプディフェンドの小手返しは、伝統武術の小手返しとは掴む箇所やポジショニングなどかなり違いがあります。

それは技を掛けやすくするために改良された、カパプ防衛館のオリジナルテクニックです。

カパプ防衛館生徒は、技の反復練習に加えて筋力トレーニングも行います。

合理的な技術とパワーを身に付けることで、強力で使える小手返しを実現。

カパプ防衛館道場に入門されたい方は『無料体験』にお越し下さい。

毎週土曜日夜、参加可能です。

こちらのバナーをクリックしてフォームでご予約下さい。

muryoutaiken

東京の護身術教室 カパプ防衛館

事務局 東京都杉並区阿佐谷南1-8-2

TEL 03‐5913‐7578(年中無休09:00~20:00)