イスラエル格闘技カパプ防衛館(カパプジャパン)ではフィンガージャブトレーニングを行います。

これはジークンドーのトレーニング方法です。

カパプは近接戦闘術であるため銃火器・ナイフ、スティック等武器術・徒手格闘術など様々な戦闘術を訓練します。

そしてその中にはジークンドーや詠春拳の技術も含まれています。

フィンガージャブトレーニングは、攻撃側は相手によけられないよう素早く打ち、防御側は打たれないように素早くよけられるようにトレーニングします。

このトレーニング動画はこちら

攻撃側(左)はファイティングポーズを取りません。

防御側(右)は顔面攻撃の防御に備えます。

 

攻撃のスピードが速いため防御側の反応が遅れます。

 

攻撃が決まっても(寸止め)まだ防御の手が届いていません。

 

攻撃側が腕を引き始めてもまだ防御の手が追いつきません。

 

防御側の手で払ったときには、すでに攻撃は終わっています。

このトレーニング動画はこちら

muryoutaiken

東京の護身術教室 カパプ防衛館

事務局 東京都杉並区阿佐谷南1-8-2

℡03‐5913‐7578(年中無休09:00~20:00)