25994_358996024387_7580534_n

ナイフフィティング訓練をするイスラエル国防軍特殊部隊戦士。

カパプは、1920年に組織された統括的軍事組織ハガナー(現イスラエル国防軍)によって考案されました。

その目的はユダヤ人の自衛と生存。

 そのためには、素手の技術だけでは不十分なので武器術も発達しました。

代表的なところでは銃火器、スティックファイトそしてナイフファイティングでしょう。

2016082201

2016082202

2016082203 

2016082306

カパプ防衛館でもナイフファイティングの練習をします。

ナイフファイティングは、対ナイフ護身術を理解する上でも大変重要。

ナイフ戦闘術・攻撃法を知ることで、防御の方も上達します。

ナイフファイティングは悪用されると、単なる殺人術になるでしょう。

そのためカパプ防衛館では入門者を選びます。

反社会的勢力・左右過激派・カルトはもちろんですが、一般人であっても不適格と判断された人間は入門できません。

逆に、暴力的思考のない善良な方であれば断ることはありませんのでご安心ください。

muryoutaiken

東京の護身術教室 カパプ防衛館

事務局 東京都杉並区阿佐谷南1-8-2

TEL 03‐5913‐7578(年中無休09:00~20:00)