「軍隊格闘術」タグの記事一覧

護身術の重要な要素!受け身

カパプ

護身術の重要な要素!受け身についての紹介。護身術カパプ防衛館道場では受け身を重視しています。足を4の字にすることによって『ロッキングチェア』という動きにつなげます。アヴィ・ナルディア先生が考案した後ろ受け身です。

顔・首回りの急所を押えて仕留める護身術

カパプ

顔・首回りの急所を押えて仕留める護身術。カパプには相手の顔や首回りのバイタルポイント(急所)を押えて倒す技が多数あります。現在カパプ訓練を受けたイスラエルの軍隊や警察の特殊部隊が、実戦で使っている護身術・制圧術でもあります。

二重在籍について

カパプ

二重在籍について。カパプ道場には格闘技経験者が多数在籍しており、極真空手・少林流空手・ブラジリアン柔術・キックボクシング・少林寺拳法・合気道・剣道・クラヴマガ等々。他の道場に通いながらカパプ防衛館に入門する二重在籍も歓迎してます。

バイタルポイント急所を攻めるカパプの技術

カパプ

バイタルポイント急所を攻めるカパプの技術。カパプは約32箇所のバイタルポイントを定めていますが、護身術の観点から有効なのが首回りの急所。カパプには首の急所を押す、突く、掴む、打つなどして敵を不動にする技が豊富にあります。

国際FSA拳真館とカパプ防衛館

カパプ 交友

国際FSA拳真館とカパプ防衛館。カパプ防衛館の岩土代表は以前FSA拳真館創成期に入門し、羽山館長の下で空手初段の允可状を頂きました。つまり羽山館長は岩土代表の空手の師匠。カパプ防衛館には様々な格闘技の技が取り入れられています。

対外諜報機関『モサド』とカパプ

カパプ

対外諜報機関『モサド』とカパプ。モサドの前身は『ユダヤ機関』と『ハガナー情報局』です。カパプはこのハガナーがユダヤ人の護身術として考案したものなので、モサドとカパプは切っても切れない関係だと言えます。

手首と肘を極めて制圧

カパプ

手首と肘を極めて制圧する方法。手を掴まれた状態から形勢逆転して敵を仰向けに倒した状態にします。手首、肘、肩が極まっています。ステップを使って効果的に敵の関節に負荷をかけるので、相手(敵)は逃れることができません。

ページの先頭へ