手を掴まれた状態から形勢逆転して敵を仰向けに倒した状態。

片手で軽く掴んでいるようにも見えますが手首、肘、肩が極まっています。

ステップを使って効果的に敵の関節に負荷をかけているからです。

 

最適なポジションを確保したらさら両手で相手の関節に力を加えます。

この状態までもっていけば手首と肘を折ることもできます。

その判断は敵のタイプや状況によって変わるでしょう。

普通の相手であれば極めるだけで観念すると思いますが図抜けた精神力の持ち主の場合、この状態からもう一方の手でナイフを取りだし反撃してくるかもしれません。

高等技術に見えるかもしれませんがカパプの中では簡単な部類の技で短期間でマスターできます。

カパプには老若男女問わず簡単に使える現実的な技が多くあります。

東京の護身術教室 カパプ防衛館

事務局 東京都杉並区阿佐谷南1-8-2

℡03‐5913‐7578(年中無休09:00~20:00)

muryoutaiken