カパプには相手の顔や首回りのバイタルポイント(急所)を押えて倒す技が多数あります。

首回りの急所を押えるカパプヘッドインストラクター アヴィ・ナルディア先生

 

両手で胸倉を掴まれた場合に有効な護身術の一つを紹介します。

相手が両腕で胸倉を掴み、強く引き寄せるのに合わせて、左腕で相手の両肘を極める。

同時に右手で相手の右側頭部の急所を押える。

 

そして左拳を顎の急所に当て押しながら右腕を引いて相手の頭を回す。

 

そのまま正拳突きの要領で左腕を伸ばして相手を倒す。

この技の動画が見られます~護身術カパプ防衛館道場FBページ

 

こちらはトラッピングから二本の指で首の急所を押えて相手を不動にし、倒したあと親指で喉の急所を押えて制圧する技術です。

 

相手の攻撃をトラッピングで捌く。

 

左手で素早く後頭部を引き寄せて、首の急所に親指と人差し指を差し込んでから掴む。

この状態まで極まれば相手は抵抗できなくなる。

 

さらに相手を倒し親指を喉の急所に差し込んで(ネイリング釘打ち)仕留める。

これはカパプ訓練を受けたイスラエルの軍隊や警察の特殊部隊が、実戦で使っている護身術・制圧術です。

この技の動画が見られます~護身術カパプ防衛館道場FBページ

 

道場生はこれらの技を約束組手で身につけた後、実戦で使えるようにするためスパーリングを繰り返します。

 

東京の護身術教室 カパプ防衛館

事務局 東京都杉並区阿佐谷南1-8-2

℡03‐5913‐7578(年中無休09:00~20:00)

muryoutaiken