カパプはイスラエル国防軍の前身、軍事組織ハガナーがユダヤ人を守る護身術として考案した近接戦闘術です。

1948年イスラエル独立戦争のとき、カパプはハガナー内に設置された特殊部隊パルマッハにより実戦で威力を発揮します。

イスラエル独立後ハガナーはイスラエル国防軍となりました。

一昨日エルサレムでイスラエル国防軍兵士が集まっているところにトラックが突っ込み、20代の士官候補生の女性兵士3人・男性兵士1人が亡くなり15人が負傷するテロ事件が起きました。

犯人のテロリストはイスラム国支持者と見られています。

カパプ日本代表として多くのユダヤ人の友人を持ち、エルサレムにも行った経験を持つ岩土代表は大きなショックを受けました。

亡くなった4人の方に哀悼の意を表します。

そして負傷した15人の方の回復をお祈りします。